12月
2012

青魚にはDHAが多く含まれています

我が家はあまり食卓に魚が並ばない。というのも私があまり好きではないから。昔、実家の食卓にはエビフライがでる事がなかった。お料理がすごく好きな母なのになぜかでないエビフライ。でも食卓には並ばないものだとなぜか子供の頃思っていたんだよね。ふと大きくなって聞いてみたら、母がエビフライがあまり好きではないから作らなかったと笑っていた。でもその母の気持ちはなんとなくわかる。魚を子供に食べさせなくてはと思っていてもなんとなく食卓には私が好きなものが並んでしまう。でも最近DHA不足の子供が増えていると新聞でみた。DHC。それは私たちの体に必須の脂肪酸。脂肪酸とは、脂質を構成するモトになるもの。DHAを体の中に摂取するためには食事からしか取れる方法がないらしいのだ。DHAを一番含んでいる食べ物はイワシやサバなどの青魚。マグロなら霜降りのトロの部分に多く含まれている様だ。積極的に出さなくてはね。

12月
2012

魚不足になると何が問題なの?

あなたは毎日魚を食べることができていますか?

殆どの方がNOだと思います。

毎日お肉を食べている人は多く居ても、毎日魚を食べるのは難しいですよね。

魚は料理に手間がかかるのでどうしても日頃の食生活では不足しがちです。

魚不足になると人間の体にどんな影響があるのか?

魚には以下の栄養素が含まれます。
・たんぱく質
・カルシウム
・DHA
・EPA
・鉄分
・ビタミン類

このうち、特に不足すると影響が大きいのはカルシウムとDHA/EPAです。

カルシウム不足は骨粗鬆症やストレス耐性の低下の原因となります。

DHAやEPAは中性脂肪を減らす働きや、血液をサラサラにする働きがあり、不足すると血液系の疾患(高血圧・動脈硬化など)のリスクが高まります。

DHAやEPAは必須脂肪酸といって体内で生成できないため、食事からの摂取が必要な成分です。

厚生労働省の推奨摂取量でいうと1日1gのDHA/EPAが必要になるとのこと。

現代人の食生活では300mg前後のDHA/EPAが不足するといわれています。

とはいえ、毎日魚を食べられる環境に居る人は少ないのが現状。

やはり便利なのはサプリメントでの補充です。

DHAの不足分300mgを補える最もオススメDHAサプリメントはきなりです。

12月
2012

老化防止に飲んでみようかな

私は昔からあまり魚料理が好きではない。生魚がとにかく苦手でお寿司屋さんなんかへ行っても納豆とかかんぴょうとかそういったネタばかり。だから我が家の食卓はあまり魚料理が並ばない。意識して子供の為にも出すようにはと思っているんだけどついつい肉料理が多くなってしまう。でも段々年をとってくるとこれではだめだなと実感する様になってきた。バランスよい食事が老化をストップさせるとも言われているしね。厚生労働省では、健康維持などを目的として定められた日本人の食事摂取基準において、DHA及びEPAを1日1g以上摂取するのが望ましいとされているらしい。1グラム以上摂取するにはクロマグロならなんと9人前も1日に食べなければならないらしい。こんなの無理だよね。でもサントリーから出ているDHA&EPA+セサミンEという商品ならそれを補ってくれるらしいんだよね。老化防止の為にも買って飲んでみようかな。